コラム

EMは水を净化できるか

飯島明子(神田外語大学、日本べントス学会)

「水質汚染」
どのような污染なのか、整理することが肝要。原因も対策もさまざま。

  • 化学物質による汚染
  • 放射性物質による汚染
  • プラスチックによる污染
  • 有機汚濁: EM推進者が「効く」としているのは主にこれ。人間の生活に最も身近で、どこにでも起きる大問題。


有機汚濁
閉鎖水系(湖、池、内湾など)で起きやすい。(流れのゆるやかな川でも)
有機物が水中に多すぎる状態。指標:BOD,COD,TNなど。
原因:有機物が直接水中に流入
N,P負荷が大きい
植物プランクトンやPOMを摂食する生物が足りない(その生息空間が足りない)

N, Pはー次生産者に不可欠の元素。
陸上のー次生產者:主に植物
海洋のー次生産者:植物プランクトン、付着微小藻類、海藻、海草、造礁サンゴなど、多様。光合成のため光が必要。陸域からのPOMもー次生産とほぼ同等。

植物プランクトン: 珪藻、緑藻、渦鞭毛藻、ユーグレナ、シアノバクテリアなど、多様。
海藻:紅藻、褐藻、緑藻など。褐藻は岩礁域の海中に藻場を作る。
海草:陸上植物が海に戻ったー群。砂地の海中に藻場を作る。藻場は魚など多くの生物の隠れ場、棲み場所、産卵場、生育場として重要。
サンゴ礁: 造礁サンゴが亜熱帯以南で形成。動物性のポリプに単細胞藻類が共生しているため、全体として一次生産者に相当。

植物プランクトン:水中~陸域までの物質循環の要。いなけれぱ困る。ただし增えすぎると問題。

植物プランクトンを基点とする食物網について紹介。

水中にN,Pが多過ぎ、光と水温の条件が整うと、植物プランクトンは爆発的に増殖(赤潮)。(単細胞なので增殖速度が早い)。海藻、海草などは植物プランクトンのように素早く增えることができない。

植物プランクトンが增えすぎると、
1) 水の表層で植物プランクトン増加->光合成に必要な光を吸収->水底光不足->海藻 · 海草育てず->藻場依存の生物全滅。
2)植物プランクトンの分泌する有機物と、死んだ植物プランクトン自体が水底に沈降->細菌による分解->酸素消費->貧酸素水塊(無酸素水塊)形成ーべントス全滅。
3)貧酸素水塊の湧昇(青潮)により、浅い水域でもぺントス等全滅。

浅い水域の減少も水底の貧酸素化の原因
青潮の起きる仕組みについて

干潟の役割
ベントスが植物プランクトンやPOM、表層の有機物、泥中の有機物を摂食。鳥、魚、ヒトなどがべントスを捕食することにより、N,Pを系外に取り出す。,
脱窒。
ベントスの巣穴の存在により脱窒効率が上昇。

有機汚濁水域で人間のできること
有機物やN,P負荷の削減。
浅い水域の保全、および失われた浅い水域を取り戻すこと。,
持続可能な形での漁業。

EMはどれにも寄与しないので不要です。脱窒細菌は元々います。撒くまでもなし。

EMとはなにかーその主張を検証する

小波秀雄
京都女子大学现代社会学部

  • EMは何に有効とされているか

一農業関連の効果効能
収量の大幅増加,残留農藥の分解,除草,病告虫駆除
一健康と医療に関する効能
がん(末期がんを含む),糖尿病などの生活習慣病,アトビー,花粉症,二日酔い、便秘、排泄物無臭化
一環境への影響
富士山の大沢崩れの防止,生ごみ処理,
一建築材料への応用
コンクリート,ゴムの強靭化
一EMセラミックス
EM茵は700°C(後には1200℃)でも死なない
净水器,粉末を散布して畜舍の浄化,家庭排水淨化,燃費向上(30%以上)
 

  • EMの効果の検証

一冲縄県における検証と県政の対応
沖縄県では1985年以降,数次にわたってEMの効果の検証実験が試みられたが,2006年にEMへの研究は「再現性が難しいJ「長年に渡り結果が出ていないJという評価がなされて,一連のEM硏究は終了した。
一土壌肥料学会公開シンポジウム「微生物を利用した農業資材の現状と将来」1996年8月
一「微生物資材の土壌肥料学的評価」後藤逸男
「土と微生物JVol.83(2),1999
-"Cyanobacteria blooms cannot be controlled by Effective Microorganiams (EM) from rnud-or Bokashi-balls",
Miquel Lurling Yora Tblman  · Frank van Oosterhout, Hydrobiologia (2010) 646 : 133-143
以上の3つの文献で,EM中の光合成細菌の存在はほとんど見られないことが報告されている。

  • EM「除染」の危険

一比嘉氏が放射線について語っていること
EMの中核をなしている光合成细菌は,条件次第では粘土に混ぜて1200℃以上でセラミックス化しても,そのセラミックスから再度,光合成細菌を取り出すことが可能であり,ガンマー線やX線や紫外線を光合成のエネルギーとして活用得る力を持っています。
 予備的な成果は,すでにチエルノプイリ原発事故で被災Lたべラルーシやウクライナでも確かめられており,施用の方法によっては1-2年でクリーンにすることも困雌なことではありません。理屈ではなく,放射能が消えたか否かは测ってみれはわかることです。
一EMによる作物への移行抑制実験
「微生物土壌改良材(EM)を活用した土壌改良による放射性物質の農作物への移行抑制」比嘉照夫他,第1回環境放射能除染研究発表会,2012年5月福岛市。曖昧な結論Lかない。
一EM情報室の発表「福島県の検査でEMでセシウムの移行抑制を実証」
福島県の実証試験によると,EM堆肥によるセシウム移行の効果があったと主張。実際には,データをよく読むと,他の資材にくらべて成績は悪い。

  • 比嘉氏の言説を読む

キーワード:抗酸化作用,波動,光合成細菌
ーニセ科学系言説との類似性,親和性
水からの伝言,マイナスイオン,ホメオパシー,その他
一聞きかじりの物理 · 化学用語の濫用 · 誤用
1992年の「波動の作物生理学Jの時点で,まったくのトンデモ論を展開

  • EMの何が問題なのか

一放射能の除染ができるという妄説の危険
一学校における反理性的な教育
一地域の環境净化運動との結びつき
ーニセ科学の蔓延は社会進歩を妨げ,市民社会の基盤を危うくする。

「またまた永久機関」に関して神戸大学から

「またまた永久機関・・・海水発電」と題する2013年6月11日の記事に関して、9/21に神戸大学海事科学研究科のホームページ管理部会の方からメールをいただいた。それは私の該当記事に誤解があるというものだ。その要点を箇条書きにする。

1 西岡氏の発表を海事科学科の公式サイトに掲載した事実は一切無い。

2 西岡氏が共同通信PRワイヤーというサイト上で「個人的」に発表した際に、公式サイトのロゴ画像をおそらくコピー・ペーストとして無断で使用した。そのことが公式サイトに出たという誤解を生んだ。公式サイトのコンテンツは管理部会が内容を精査したもののみ掲載するので、この種の記事が公式サイトにでることはない。

3 西岡氏の受賞事実に関しては、それが確認されれば、原則掲載せざるを得ない。

4 西岡氏の発表経緯は次のようなものだ。前述の共同通信PRワイヤーに個人的に発表。報道機関(大手新聞、放送局等)に連絡を取り、個別に取材を要請した。そのなかで神戸新聞の記者(社会部)のみが夕刊記事にした。マスコミ報道はこの1件のみ。神戸新聞の記者も当惑。

5 共同通信PRワイヤーの個人的記事は、管理部会からの連絡により、サイト側の自主的判断でロゴ画像は非表示とされた。

 

人はなぜ自分のことばかり話すのか?

人はなぜ自分のことばかり話すのか?

 Scientific AmericanにThe Neuroscience of Everybody's Favorite Topic (人々の好きな話題に関する神経科学)と題する面白い記事があったので、紹介する。内容は要するに、人々は会話においてほとんどが自分のことばかり話すが、それはなぜかを科学的に解明したというものである。

人間はコミュニケーションする社会的生き物である。起きている大部分の時間は他者とのコミュニケーションに費やされている。計画を立て、冗談をいい、過去を思い出し、未来を夢見て、アイデアを交換し、情報を広める。このコミュニケーション能力が人間を繁栄させる原動力となったのである。

それではあなたの好きな話題は何だろうか。病気や飢えを解決する問題を議論する? あなたが普通の人なら、あなたが好む話題はあなたの考え、あなたの経験など、要するにあなた自身のことである。平均的に、人々が話すとき話題の60%はあなた自身のことである。ツイター、Facebookの場合はそれが80%にもなる。

ほかに話すことはいっぱいあるのに、なぜ人々は自分のことばかり言うのだろうか。最近の研究によれば、それは気持ちがよいからだという。

ハーバード大学の研究者はfMRIを用いて研究を行った。この装置で脳の活動度を観察すると、人間活動と脳の活動の関係が分かる。本研究では自分のことを話すと、動機付けと報酬に関する脳の部分の活動が活発化するかどうかを調べた。

実験では195人の被験者を対象に、自分のことを話す場合と、他人のことを話す場合を比較した。話をすると脳の三つの部分が活性化する。その一つは内側前頭前皮質(MPFC:Medial Prefrontal Cortex)である。この部分は意欲と関係している。このことは既に知られていた。残りの二つは予想されなかったものである。そのひとつは側坐核(そくざかく、英: Nucleus accumbensNAcc)である。その部分は報酬、快感、嗜癖、恐怖と関連している。三つ目は腹側被蓋野(ふくそくひがいや、ventral tegmental area, ventral tegmentum、VTA)である。

これらの部分は報酬と関係しており、セックス、コカイン、おいしい食物などの刺激による快感、動機付けと関係している。ということは、自分のことを話すことは快感なのである。他人のことを話すより(それがどんなに興味深い話であれ、重要であれ)、自分のことを話したがるのである。

しかしここで問題がある。人々が自分のことを話す場合、誰かが聞いていることが必要かどうかだ。被験者はfMRIの中に入っているので、その人の話を誰かが聞いているかどうか分からないのだ。

そこで第二の実験が行われた。被験者は友人か親戚を連れてくるように言われる。そして被験者は自分自身についての話、他人に関する話をして、それが外にいる友人たちが聞いているか、いないかをあらかじめ知らされている。

この実験でも自分のことを話す方が、他人のことを話すより脳の活動は活発であった。そして話を聞いてもらっている方が、聞いてもらっていないより、活動度は高かった。これは加算的である。つまり自分のことを話し、かつ話を聞いてもらっているのが、最高に活動度が高いのである。しかし、たとえ話を聞かれていなくても、自分のことを話すと脳は活発化するのである。

自分のことを話すことはコミュニケーションとして悪いことではない。自分の経験を他人に開示することは、社会的な絆を強め、生存にも役立ち、主観的幸福感も高める。自分の考えを話すことは、他人からの反応を通じて個人の成長を促す。個人の経験を他人と共有することは、チームワークを強め、共有された記憶を作り出す。自分のことを話すことは、生存、個人の成長などを通して好ましい影響を生む。

人が自分のことを話すのは、脳の快感、動機付け、報酬領域を刺激し、楽しいからだ。しかし楽しいということは、その目的以上のものがある。社会に取っても、長期的な利益があるのだ。

----

自分の場合

確かに自分のことを考えてみても、自分は会話で自分の意見とか経験ばかり話しているように思う。もっともそのことは、論文にあるようにプラスの側面ばかりではないように思う。というのは、話している方は幸福だが、聞いている方はつらいのである。人は自分のことをしゃべりたいのであって、他人の話など聞きたくないのだ。よく対話、ダイアローグということを言われるが、他人の対話を聞いていると、モノローグの応酬の場合が多い。人が話しているとき、なにかひとことを捕まえて「あっ、それは私の場合はね・・・」と話題を取る人がいる。私もこれを良くやり、いやがられていると思う。というのは、私が自分のこと、自分の意見を恍惚として話している時に、相手が私の話題を取って、自分の話を始めると、非常に不愉快になるのだ。あまりそういうことをしない人は、好感を持てるが、私の話題を奪う人には好感を持てない。

自分のことを話すと、たとえ人が聞いていなくても、幸福になるということも理解できる。たとえば話し相手のいない人が、犬や猫に語りかけている場合があるが、あれも楽しいのだろう。聞く相手が金魚なんかだと、反応が乏しいからダメかもしれない。犬と猫とでは、猫は自己中心的だから、あまり人の話を聞いてくれそうにない。犬の方が聞いてくれそうな気がする。

傾聴

先の話は話者が自分の話をすると幸福になるということの科学的証明であった。それを裏返すと、人の話を聞いてやる、とくに熱心に傾聴してやると、相手を幸福にすることができる。これを積極的に用いたものがActive Listeningという技術だ。分かっている人は、無意識にこの手を使っていた。昔の竹下首相の4語というのがある。「ほおっ」「なるほど」「なんと」「さすが」という相づちを打ちながら相手の話を傾聴する(ふりをすると)相手の好意を獲得できることを知っていた。

男を落とす「さしすせそ」という言葉がある。女性が落としたいと思う男性の話に対して「さすが」「知らなかったわ」「すごい」「先輩・先生」「そうなんですか」と、相手の目をじっと見て相づちを打つと、男はころっと落ちるという。男はプライドが服を着て歩いているようなものだから、そこを攻めるのである。この話はある女子学生に聞いたので、講義で話した。すると別の女子学生から「先生、これで恋人をゲットできました、ありがとうございました」というレポートをもらった。

 

幸福を買う為のお金の使い方

幸福を買うためのお金の使い方

 

以下の文章は、ハーバード大学の准教授マイケル・ノートン(Michael Norton)とエリザベス・ダン(Elizabeth Dunn)の研究「幸福なお金: 賢いお金の使い方の科学」についての、著者のノートンへのインタビューの要約である。

http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=using-money-to-buy-happiness&offset=2

 

お金と幸福の関係に関する最大の誤解

人々はお金があればあるほど幸福だと考えている。確かに、たくさんお金を持つことが人を不幸にする訳ではないが、しかし幸福を保証するわけでもない。身の回りの裕福な友達や同僚を見ても、それほど幸福とも思えない。どうしたら金を儲けられるかと考えるよりも、既に持っているお金を有効に使って幸福になることを考えるべきである。

 

物より経験を買え

人々にひと月の支出をリストアップしてもらうと、彼らはものをたくさん買っていることが分かる。例えば小物、音楽とか本とかなどである。ものを買うことが幸福にとって悪いわけではない。コーヒーや車、家を買うことが、我々を不幸にするわけではない。しかしより幸福になるわけでもない。

 

それに比較すると、経験を買うことは人々をより幸福にする。例えばテレビを買うことを考えてみよう。 4,000ドルもするような高級テレビを買うことは確かにすばらしい。しかし例えばそのお金で毎回100ドルの食事を40回することと比較してみればどうだろか。テレビは1人で見るが、食事は人と一緒にするものだ。人との交流こそが幸福の鍵なのだ。ものを買うより経験を買う方が幸福になる。

 

旅行を計画している人々に対するアドバイス

旅行はしているときよりも、準備段階のほうが幸福なのだ。これは一見奇妙なことである。旅行の目的はそこに行って幸せになることである。しかし旅行自体よりも、旅行に行くと考えることのほうが人々を幸福にする。例えばクリスマスを待つ子供たちのことを考えてみれば分かるだろう。オフィスで旅行を夢想する方が、旅行自体よりもワクワクするものなのだ。上司に取ってはうれしくないことだが。

 

多くの人は旅行の費用をクレジットカードで支払う。私は現金で先払いすることを勧める。例えば旅行中に食事をするたびに、横に人がいて、金を請求する状況を想像したらよいだろう。あまり楽しい話ではない。すべての費用を先払いにしておけば、苦痛は先、楽しみは後ということになる。

 

幸福と時間の関係

大金を儲ける人は、金を使う時間がないとこぼす。重要なことは、人々を幸福にする時間を最大にする金の使い方をすることだ。例えば郊外に素敵な家を買うことを考えてみよう。実際アメリカ人は、家を買うことがアメリカンドリームの最大の要素であると考えている。家を買って裏庭でバーベキューをするのは素晴らしいことだ。しかし郊外に家を買ったせいで、毎日2時間の通勤をしなければならないはめに陥る。立派な家を買って、毎日2時間通勤することが幸福なのだろうか。幸福な時間を最大にするような買い物をすべきである。

 

贈り物について

贈り物をすることは、贈られた人の幸福を増やすと考えがちである。しかし研究によると、贈り物は贈られた人よりも、贈る人を幸福にするのである。それはアメリカでも南アフリカでも、カナダでもウガンダでも、同じことだ。贈り物であれ寄付であれ、自分自身のために金を使うよりは、人のために金を使うほうが幸せになるのである。

 

この次にスターバックスに行ったときに、他の人にコーヒーをおごることを考えてみよう。スターバックスに行けないなら、友人にコーヒーを送ろう。

 

機会コスト

人々は気づいていないのだが、機会コストというものがある。何かを買うということは、何かを諦めるということである。例えば1,000ドルのステレオと1,100ドルのステレオを買うことを考えてみよう。我々は普通、どちらのステレオが良いかと考える。しかし1,100ドルのステレオと、1,000ドルのステレオプラス100ドルの音楽というふうに考えてみよう。そう考えれば1,000ドルのステレオのほうが、はるかにすばらしい。

 

金と幸福の関係も同じことだ。我々は家とか車、フラットテレビなどを買うことで幸せになれると考えている。我々は金をほとんど、これらの物を持つために使う。しかし何か物を買う前に考えてみよう。このお金でほかに何かすることができないか? 自分の幸せを最大限にする最も良い方法で、お金を使っているだろうか? もしそう思えないのなら、財布をしまおう。